幸せな結婚を手に入れるために身につける第6の力!

「不運や困難から立ち直る、あるいは容易に適応する能力」のことを

「レジリエンス・resilience」と言うそうです。

「回復力」「復元力」「弾力性」とも訳され

ストレスといった、外的な刺激に対する柔軟性を表す言葉です。



ペンシルベニア大学のポシティブ心理学センターのカレン・ライビッチ博士は

「レジリエンス」を

「逆境から素早く立ち直り、成長する能力」と定義しています。


私は5つの結婚力として

心の健康管理力
体の健康管理力
家計の健康管理力
コミュニケーション力
目標達成力

を伝えていますが、

第6の力として加えるとすると

「レジリエンス」ですね!!!!!


自分の子育てや他の人の子育てのサポート

そして、結婚関連の相談にのる中で

5つの結婚力だけでは足りないと感じるようになってきたので


何が足りないのか解決策を求めていました。



今朝、ある雑誌を読んでいて、「レジリエンス」について知り

「これだ!」と思いました。

最近、悩んでいたことの答えが来ました。



先週、聖書を読んでいて

1コリント10章13節の

「あなた方のあった試練で、世の常でないものはない。神は真実である。あなた方を耐えられないような試練に会わせることはないばかりか、試練と同時に、それに耐えられるように、逃れる道も備えてくださるのである」

と言う聖句を読んで

「耐えられないような試練に会わせることはない」




「逃れる道」について考えていました。


時々、最初から「逃れる道」に入っちゃっている人がいるのを感じます。


私は望みが叶うなら楽な方がいいですが


それをやらないと
欲しいものが手に入らないってことに関しては


どうしても欲しいのなら、
手に入れるようにヒーヒー言いながらも努力します。


この世をゲームに例えるのなら

いかに試練から逃れたかを競うゲームではなく

敵と戦い倒してきたかを競うゲームでもなく


目標に向かって、
数々の冒険や試練を経験しながら
アイテムを手に入れ、成長し、
パートナーを見つけ
仲間を増やし
成長する物語です。


「逃れる道」とは

試練から逃げるのではなく
試練に耐えることができる方法が用意されている
ということです。


もう傷つきたくない!とガチガチに固まっている人がいます。

心も体も行動も全て。



「レジリエンス」は弾力性でもあるように

心も体も行動も柔軟であることが鍵だと思います。


体で言えば、柔軟は毎日やると柔らかくなりますね。



では、心が柔らかいとはどんな状態でしょうか?


そして、心を柔らかくする方法は?



あなたの行動が柔軟になるというのはどういうイメージですか?







9月16日のコミュニケーションセミナーでは
レジリエンスについても取り入れます。


自分の心と体と行動に柔軟性が欲しい。

「逆境から素早く立ち直り、成長する力が欲しい」と思う方はぜひいらしてください。



9月14日・16日のエンリッチメントセミナーに関してはこちら。

https://peraichi.com/landing_pages/view/20190914-16
?Gg[???ubN}[N??